スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

③皮膚にとって良いことをする(保湿・睡眠など) 

アトピー奮闘記の3回目の記事は
③皮膚にとって良いことをする(保湿・睡眠など)
です。
皮膚の乾燥は痒みを伴いますので、保湿することは大変重要です。
過去の記事にも書きましたが、皮膚を掻くとアトピーは酷くなる一方だからです。

私のやっていることは以下の4点です。
科学的な根拠やデータ等はありませんが、
経験則から言えることを書きますので誰かの参考になれば幸いです。

 (1)特製手作り化粧水で保湿
  市販の化粧水には防腐剤やいらない香料・着色料等が
  含まれています。自分で作れば、不純物の無いシンプルで
  経済的な使いやすい化粧水ができます。
  材料は、
  精製水+月桃水+ホホバオイル+キサンタンガム+グリセリン+ヒアルロン酸
  です。
  ネットで調べれば分かる思いますが、
  反響があれば化粧水の詳細な記事でも書こうかなぁ。
  
 (2)睡眠時間は最低6時間
  毎日8時間寝れればいいのですが、
  仕事中に眠くならないように6時間は寝るようにしています。
  睡眠時間を8時間程度取れる人はその方がいいと思います。
  休みの日はいっぱい寝るようにしています。
  寝る前に水はたっぷり飲んでおきましょう。

 (3)お酒は飲まない
  ネットに色んな情報があるので経験則からのことしか書きませんが、
  酒を飲むとのどが渇くように皮膚も乾燥します。
  その結果、皮膚が痒くなると考えています。
  また、酔っぱらうと皮膚のことなんか気にせずボリボリ掻いてしまうのも悪化の原因です。

 (4)サプリメント
  サプリメントはビタミン類はもちろんのこと、
  コラーゲンの生成ようにMSMとシリカを摂取しています。

スポンサーサイト

②痒くてもなるべく掻かないようにする 

さて,アトピー関連の記事2回目は
痒くてもなるべく掻かないようにする
です.

アトピーで最も厄介なが皮膚の表面が痒くなることです.
掻けば掻くほどアトピーは酷くなります.
そのうち黄色い液体(滲出液)が出てきてカピカピになると,
手や顔を動かすことが困難になることもあります.
しかも掻いている間は気持ち良いのでボリボリ掻いてしまうのです.
掻いた後に後悔するのですが,気づいたらまたボリボリ掻いてしまっているのです.

そこで,私が掻かないためにすることを以下に示します.
①保湿
 馬油+化粧水(自分の肌に合う物)
 乾燥したり,掻いたら即塗ります.

②掻いたらアトピーひどくなること理解する

 1回も掻くな!と言われても絶対に無理です.
 掻かないことでストレスがたまることもあります.
 そこで私は自分の意思で掻くことを許可しています.
 掻く場合は,酷くなることを理解したうえで掻くと掻きすぎることが無くなるからです.

③就寝中は手袋とビニール袋を手に付ける

 寝ている間に掻くことが多い上に防ぐことは困難なので,
 掻いても皮膚を傷付けないように手袋と袋を身につけて寝ます.
 
 身につけるものは
  ・100均の肘まである手袋
  ・スーパーの袋
  ・輪ゴム
 です.
 手袋を付けて,ビニール袋をかぶせて,手首にゴムで袋を止めます.
 私はこれでOKでした.

アトピーの原因 

①アトピーの原因を探る
アトピーの原因について探ります.
はっきり言ってまだ原因の特定はできていません.
しかし,何が原因かを考えることで少しずつ完治につながって行くと考えています.
私は20歳からアトピーになったので,何かがきっかけでアトピーが発病したはずです.

前提として,皮膚はストレスにとても敏感です.
特に人間関係のストレスや拒否反応が皮膚の表面に出てきます.
自分の皮膚は毎日,毎日無意識の内に自分で創っています.
負の想いが皮膚の形成に悪影響を及ぼしているというのが私の考えです.
また,体内の不純物を外に出せていないことも皮膚の形成に悪影響を及ぼしています.

そこで私は,
・人間関係のストレスの原因を見つける
・そのストレスを受け難いように自分の考えを変えるか,気分転換の方法を見つける
・体内の不純物を出すために,汗をかくことを心がける
を実践しています.

アトピー発病 

こんにちは!!!

バイクに乗れないのでバイク以外のことも書いていこう.
3年前にいきなりアトピーが発症してから,アトピーと上手く付き合っていくまでの記録を残して行こうと思う.
誰かのアトピーを少しでも良くできたらいいなぁ.

子供の時から手の皮膚が弱かったのですが,顔や上半身の皮膚が荒れたのは2010年が初めてでした.
冬になって乾燥した空気が続くと,皮膚がカサカサになり痒くなっていきました.
そして,掻くとその部分の皮膚が真っ赤になり,痛みを伴いました.
やらしいのが「掻いている間は気持ち良い」ということです.
気がつけば掻いてしまっています.
市販の保湿剤を塗っても効果が無く,最終的には皮膚科に通いました.

しかし,
どの皮膚科に行ってもステロイドとワセリンを処方する治療方法に疑問を持つようになりました.
「そもそもアトピーの治療をしているのか・・・?」
結論から言うと皮膚科ではアトピーは治療できません.
症状を軽減するだけです.(炎症を抑えるという点ではとても効果的な方法です.)
なぜ治せないかというとアトピーには複数の原因があるので特定が難しいからです.
また,ステロイドには副作用があることも皮膚科に行かなくなった原因の1つです.

そこで,アトピーに対する私自身のアプローチは
①原因を探る
②痒くてもなるべく掻かないようにする
③皮膚にとって良いことをする(保湿・睡眠など)

です.
地味ですが確実に良くなっています.
自分のやっていることを今後紹介していく予定です.


久々の更新 

みなさんお久しぶりです.

怪我をして入院したり,
就職して忙しかったりして更新が滞っていました.

これから少しずつ更新していこうと考えています.

カブ110は今実家に置いてあるので,
取り寄せてから記事を書いていこうと思っています.
2年間もバイクに乗れない環境でしたので,
整備記事ばっかりになりそうです

この前実家に帰って,整備もしないでキックしてみたらエンジンがかかったので
「カブってスゲー!!!」
とさらにカブに惚れてしまいました.
なんたって2年間無整備,ガソリン・エンジンオイル入れっぱなしやったから!!
これからもカブに乗って行こう~

ではまた.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。